新着情報

営業日誌

2015.10.03

三重県鈴鹿市で買取させていただきました

10月に入って朝晩はひんやり気持ちがいいですね♪

今日は朝から気持ちのいい青空で運動会という人も多いようでしたが、まさに「運動会日和」だったことでしょう

そんな気持ちのいい青空の中、三重県鈴鹿市で買取させていただきました。

土曜日なので渋滞もなく快適なドライブ。

お客さまのTさまのお家もすぐにわかって順調でした♪

査定希望の本もお部屋にきれいに並べて下さっていたのでこちらも順調にバナナ箱で3箱分の本あれこれと雑貨を少々査定→買取させていただきました。

査定以上に初対面にも関わらず本のこと、その他いろいろトークが盛り上がってしまって査定に行ったのになんだかお友達の家におしゃべりに言ったような気分(笑)

帰りにレアな日向夏のジュースやらお茶やらお菓子やら・・・・手土産をいただいて名古屋に戻ってきました。

Tさま、大切な本を買取させていただきおみやげまでいただいてどうもありがとうございました。

秋は古本の即売会など、イベントも多いのでさまざまな場所のあとり文庫のお店に並べさせていただきます。

あとり文庫の出張買取エリアは愛知・岐阜・三重及びその近郊ですが、なぜか三重県のお客さまからのお問い合わせが多いのです。そんな話をTさまにすると「三重には古本屋さんってあんまりないと思います。というか、もしあるなら教えてもらいたいです」とのこと・・・

名古屋の古本屋でもお店をかまえている同業者の人は少なくなっているのが現状です。

本好きのお客さまが直接本を手に取れる機会は少なくなっているのかもしれませんね。それは買取も同じでまた某大手チェーンの古本屋さんの話が出ましたが、「新しい読み捨ての本(とっておきたくなるような本ではない本)ならいいけど古いけど大切にしてきた本は売りに行きたくない」とのこと。

そうでしょうね・・私も自分の大切な本を売りに行く気にはなりませんから

それであれば誰かに譲ると言うのもありですが、欲しくないのにすすめられて断りずらいといけないなと思うのでなかなか難しいところ。

そんな時にはちょっと敷居が高いと感じられる人も多いと思いますが、昔ながらの古本屋に問い合わせてみてはいかがでしょう?

「古い」という理由だけでお断りすることは少ないと思います。新しい本はもちろん古い本も古本屋ごとに得意なジャンルや査定の基準がありますが、それを知った上で手放せば思いがけず気持ちよく手放せるかも?!(笑)

秋は季節もいい時期でお出かけはもちろんですが、窓をぱぁ~と開けて片づけするにもおすすめの季節です。

大切な本を手放そうと思っているあなた!!ぜひぜひあとり文庫へお問い合わせくださいませ♪

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

あとり文庫では蔵書整理や生前・遺品整理、お引越しに伴う古本・生活雑貨の買取をしております。
出張買取はできるだけご希望の日時で対応ささせていただきますので、お気軽にお電話下さい。


***************************************

TEL:052-733-1257(電話受付 8:00~20:00)

mail:info★atoribunko.com
(★を@に変えて送信してください)

【あとり文庫は安心と信頼の組合加盟店です】
 ・名屋古書籍商業協同組合
 ・全国古書籍商組合連合会

***************************************