新着情報

営業日誌

2015.07.26

雑誌でも文学でも

世の中にはたくさんの書籍や雑誌が日々発行されています。

新刊本の書店では新しい本が発行されればそれまで置かれていた本は下げられ店頭には「最新」の本が並べられますが、古本屋ではすごく前のものもつい最近の物も混在しているもの・・・

それは年代を問わず買取しているから言うことにもなるのですが、さまざまな理由でお値段がつけられない場合があります。

状態などはわかりやすいところですが、買取ってもそれを欲しいと言う人がいなければ買取れないということも・・・

雑誌でも有名な文学全集でも有名でたくさん発行されていたり複数の出版社から発行され続けているものはそれだけ世に多くでまわっていますので欲しいと思う人が手にしやすくなります。

「いい本ゆえに」というところですね。

逆に「こんな一般の人が読みそうもない本」とか「ちょっと他人には見せられない本」とか「趣味の雑誌で読み返さないんだけど捨てられなかった雑誌の束」とか他人には理解されないだろうと思っているような本にお値段をつけられたりします。

買取りのご依頼をいただくとたいてい前者(誰もが知ってる有名で函なんかに入って大切に本棚に納められている本)を買取ってほしいと言われることが多く、その後お話していると後者(ご本人としては「こんな本は・・・」と思っている本)は買取してもらうようなものではないと判断され先週の町内の資源ごみ回収にしばってしまったというケースが結構多いのです。

買取の基準は古本屋によってさまざまですが、少なくとも大手チェーンさんのように新しいことが何よりも最優先の基準でないことは確かです。

出張買取にきてもらって「こんなもの」ではちょっとと思う人も多いの思いますが、まずは問い合わせてみてはいかがでしょう?

目の前の本にお値段が付くのか、お値段がつかないならなんでつかないのか・・・それを知ればそのあとの選択もしやすくなるというものです。

メールでもお電話でもお気軽にお問い合わせください♪

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

あとり文庫では蔵書整理や生前・遺品整理、お引越しに伴う古本・生活雑貨の買取をしております。
出張買取はできるだけご希望の日時で対応ささせていただきますので、お気軽にお電話下さい。


***************************************

TEL:052-733-1257(電話受付 8:00~20:00)

mail:info★atoribunko.com
(★を@に変えて送信してください)

【あとり文庫は安心と信頼の組合加盟店です】
 ・名屋古書籍商業協同組合
 ・全国古書籍商組合連合会

***************************************